遺品整理

遺品整理専門業者を上手に使おう!

花束を送る孫

故人の家電や家具・衣類などの生活用品を処理処分することを遺品整理と言います。本来ならば親族が遺品の整理に当たるべきですが、身寄りがなかったり、親族がいても離れて暮らしていると、整理に当たるのはなかなか難しく、相当の時間と労力が必要とされます。近年は、そのような多忙な親族に代わって遺品整理を一手に引き受ける専門業者も登場しています。遺品を形見分け出来る物、仏壇などのように供養が必要な物、リサイクル業者の引き取り可能な物などに分類し、代行して作業してくれます。
遺品整理後のハウスクリーニングなどの清掃作業まで全て依頼できます。最近は遺品整理士などという資格まで登場しています。そのような専門業者を上手に利用して、親族の負担を軽減するのも一つの方法ではないでしょうか。少子化や高齢化の進む現代社会では、益々需要が高まっていきます。
ただ、金額にバラつきがあるようですので、業者を選ぶ際は慎重に調査して検討する必要があります。断捨離が流行ったのも、無駄を省いたスッキリした生活というだけではなく、残される家族・親族の為に整理しておく意味合いがあります。親族に迷惑をかけない為にも、生前に少しでも整理しておきたいものです。

Topics

TOP