遺品整理

へそくりの隠し場所に注意です

笑顔のご老人

父が亡くなったときに遺品整理をしようと思ったのですが、兄弟たちに連絡を取っても遠方で来ることが難しかったり体調不良だったりと、なかなか全員が集まることができませんでした。それでも、何も手をつけずにいるのも時間のムダなような気がして、家の掃除のついでにちょこちょこと整理を進めていたんです。 そして、いざ全員で遺産整理となったときに長男が父の机の中からへそくりを発見したんです。20万円ほどでしたが、父がへそくりをしていたなんて知らなかったわたしたちは、それ以降、処分する予定だった本の間やクローゼットの中に至るまで隅々調べました。その結果、なんと10箇所から数万円単位のへそくりを発見したんです。 へそくりも立派な遺品だということで、みんなで等分に分けたのですが、なぜこんなにも隠し場所が多いんだろうと首を傾げずにはいられませんでした。姉の推測では、物忘れが激しかった父が、へそくりの隠し場所を忘れてしまい、新たにへそくりを作っていったのではないかとのことでした。 ここでわたしはハッとしたのですが、わたしがちょこちょこ片付けていた遺品の中に、もしかしたら、へそくりが紛れていたかもしれません。そう思うと遺品整理もしっかりと中を確認しながらしないといけないと感じました。

Topics

TOP